実践4 ハートを開く

会社におけるコミュニケーションって
どんどん稀薄になってきていると思う。

当たり前のようにメールが蔓延して、
顔も見ずに仕事が出来てしまう。

でもメールって取扱いに注意が必要。

メールを書いた本人は何気なく書いたつもりでも、
受け取った相手の気分を害してしまうことがある。
顔が見えないので感情が伝わらないのが原因

僕の部署はシフト制なので、
週に一回しか会わない人がいる。
そういう人と一緒に仕事をするときは、
おのずとメールが中心となる。

また、それで問題ないと思っていた。

新技術の採用に向け、
何か月も前からリサーチを重ねてきた案件があった。
リサーチ結果は都度、メールで報告していた。

しかし、採用期日間近になって、
僕の報告がまったく伝わっていないことが分かった。

いや、正確には伝わっていなかったのではなく、
僕が報告していたこと、主張していたことに反対だったということ。
僕が反対意見をズバズバ書くのが気に入らなかったのかどうかは分からないが、
忙しいことを理由に返信すらなかった。。

その相手とは、前々から価値観の違いで溝が生じており、
ほとんど口も聞いていない状態であった。

なぜ分からないのか???

なんで今更???

わだかまり、憤りなどの感情がどっと押し寄せてきた。

しかし・・・、

そうも言っていられない状況だった。

とはいえ・・・、

煮え切らない感情の渦。。。

気愛.jpg

思い切って話を切り出してみた。
なるべく心を込めて。

ここの一歩に勇気がいた。
今思えば、相当力んでいたように思う。

すると不思議なほど軋轢が徐々にほどけていくのが感じられた。
周りの雰囲気は一変し、穏やかな空気が流れだした。
肩の力が抜け、楽な気持ちになった。
二人とも心の底では良好なコミュニケーションを望んでいたのだ。
一歩を踏み出す勇気が状況を打開した。

監修:白峰『地球維新』(ヒカルランド、2010、P10-P12)にて、
『人というのは感性駆動であり、感情で動くが理性では動かない』と書かれている。

つまり、人間は好き嫌いで行動するということ。

仕事なのだから理性で判断していると思っていても、
感性が出した結論に理屈を付け、
理性で判断していると思い込んでいることすらある。

情報しかやりとりされない伝え方では理性しか刺激しない。
だから、伝わらない。伝わらないのってビジネスにとって致命的。
ホントに伝えるためには、感性を刺激しなくちゃいけない。

でも、どうやって?

それには、ハートを開いてコミュニケーションを取ること!

面と向かい合っても、単に情報の押しつけではダメ。
相手の気持ちを思いやって心からコミュニケーションを取ることが大事。
相手のハートを自分のハートで包み込む感じで!!

ホントに相手を思いやっていれば気持ちは伝わる。気持ちも楽になる。
たとえ、嫌な相手だなと思っていても思い切って話してみる。
意外といい奴だったというのはよくある話(笑)

Heart-to-Heart!!.jpg


実践3 ワクワクに落とし穴が・・・

『ワクワクすること』
バシャールの名言

思いは伝わる。
そして、出したものは返ってくる。
『宇宙の法則』

ならば、常にワクワクすることは、繁栄、発展、平和、愛に繋がる。
非常にシンプル。故に、灯台下暗しと言えるかもしれない。

そこで、常にワクワクした状態を維持しようと試みた。
どうやら、ワクワクした状態を維持すると身体の細胞レベルで変化が起こるらしい。

当初、ワクワクの維持はうまくいくかに見えた。
会社では、幾分陽気な感じで過ごし、
ワクワクした気持ちのまま朝目覚めることが出来ていた^^

これは、いける!と思ったのだが、落とし穴があった。

会社での意見の相違、こじれた人間関係が原因で、
自分の感情のコントロールが出来ないことがままあったからだ。
どうしようもない感情があふれ出してきた時は、
努めてハートを開き、相手を受け入れようとした。

だが、うまくいかなかった。

書籍に答えを求めたり、神社で瞑想をしてみたりもした。
相手の行動は個性なのだから良いも悪いもないと
自分を納得させようとも試みた。

努力すればするほど、コントロールできない感情がとめどなくあふれ出してきた。

途方に暮れた。
どうして良いか分からなかった。

このどうしようもない思いは、
自分が無意識に持っている執着に気付くまで長い間続くことになった。

無意識に持っている『執着』

それは自分が正しいと思っていること。
自分が正しいと思っていながら、相手を受け入れようとしても矛盾が生じてしまう。
心の中が大混乱に陥ってしまっていた。

TRY!!.jpg


実践2 気は伝わる。思いは伝わる

以前、体調不良が続いたことがあった。
日常生活には支障がなかったのだが、だるさが取れなかった。

精密検査を受けた。
結果、リンパ節炎に罹っていた。
効果的な治療法はなく、処方箋は漢方のみ。
完治には1年以上かかると言われた。

前々からレイキというものが気になっていた。

レイキを1日で習得できるという講座があったので受講してみた。
手と手を合わせるとビリビリとした感覚が残り、離すと引っ張られる感じがあった。

『気』というものを始めて認識した。

アチューメントも終わり、レイキの練習をしていたところ、
突然身体が熱くなり、汗をかき始めた。
その時は、汗が冷えて風邪を引くのはイヤだな程度に思っていた。

何日か経って気付いたのだが、身体のだるさが無くなっていた!!
どうやらリンパ節炎が完治していたようだ。
発熱で風邪が治るように、
レイキ受講中の発熱でリンパ節炎が治ったとしか考えられなかった。

この時、気のすごさを感じた。

思えば、サッカーなどでホーム有利、アウェイ不利というのも
気が伝わっていることを現していると思う。
観客の思いが、選手に伝わっているということ。
おのずと、ホームが有利になる。

AirMail.jpg


気は伝わる!!
思いは伝わる!!




実践1 自分が変わる

『アセンション』
始めて聞いたとき、頭から離れなかった言葉。

テーマが壮大すぎて、リアリティが感じられなかった。

でも・・・

現実的に思えないことをわざわざ伝えるということは、
真実なのかもしれない・・・。

アセンション関連の本は巷にあふれていた。
読めば読むほど情報に振り回されていた。

金を買うとか、農地を耕すとかいろいろ指南書はあるが、
どれも短期的な解決方法に過ぎない。
根本的な解決にはなっていない。

マヤの暦が教える時間の終わり
「物質文明の終焉、精神文明の開化」

心の浄化、葛藤からやすらぎへ、愛と光になること

心の浄化ってどうやって?
そもそも、現実社会は不条理の上に成り立っているんじゃないの?
修行でもしろって言うの?
限られた人達の話なの?

そうも思った。

でも、確かなことが一つだけあった。
それは、『自分が変わる』ということ。

書く.jpg

日常は気付きの連続
アセンションとは、気付きと実践の先にあるもの




1

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode