水無月

秦基博の楽曲
2011年6月リリース

◎水無月とは旧暦の6月
◎緑が青々となっていく季節
◎生命力溢れるイメージ

秦基博 『水無月』の歌詞

秦さんは、震災後に歌詞を書いたそうです。

『今この時に、愛を叫ぶ、愛を歌うって事に意味が見いだせる』

『みんなにも同じ思いがあることを言いたかった』

とインタビューに答えています^^


『単純な言葉で愛を今歌おう あるがままの心の声を探して
何百回 いやもっと 何千回
ずっと胸の中で鳴り響く歌 奏でよう さぁ

〜〜

単純な言葉で愛を今叫ぼう あるがままの僕らの声を集めて
何千回 いやもっと 何万回
ずっと胸の中で鳴り響く歌 歌おうよ さぁ』


飾りを取り除いて、核心のみを取り出したときに残った言葉が『愛』^^

ハート赤黄.jpg

男の人は特に、『愛』っていう言葉に抵抗感があると思います。
自分もそうでしたし・・・
真正面から向き合うにはちょっと照れくさいとか。

でも本当に大事なものを考えると、
やっぱり最後に残るのは愛だなぁと思う今日この頃です^^

みなさんはどう感じますでしょうか^^



関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode